青葉FCは、横浜市青葉区のすすき野小学校で活動している少年サッカーチームクラブで、すすき野小学校、荏子田小学校の他、数多くの小学校、幼稚園の子供たちが所属しています。

    LL-B秋市大会 第二節 vs山王谷SC 1-0 ひろき、vsバディーSC 0-4【2017年度】@恩田第五グランド

    2017年09月18日(月祝)

    横浜国際チビッ子サッカー大会U10 1部リーグ

    台風の影響で時間の繰り下げも検討されたものの、夏が戻ったような晴天で実施された大会二日目。
    この日も2位通過をするには絶対落とせない山王谷SC、春市大会王者のバディーSCと気の抜けない試合ばかり。

    どんな相手にもボールをつなぎ、自分たちで試合をコントロールできるように。

    vs 山王谷SC 1-0 ひろき

    vs バディーSC 0-4


    【vs 山王谷SC】GKしゅうご、2バック、あおと、たくと、左あきと、右よしや、ボランチひろき、
    トップ下えいた、そうまが太もも裏の負傷の為、じゅんぺいを1トップに。
    ボールを繋ぐ為、真ん中を二人にし、バック、サイドが持った時のパスコースを多くしたい。

    相手は、左右にスピードある強い選手がいて、サイドをドリブル突破する形。

    序盤は左サイドで攻防が多く、あきとがドリブル突破すれば相手が突破しかえす展開。
    しかし、ひろき、あおと、たくとのカバーで簡単にシュートはさせない。

    右サイドからはよしやがスピードで仕掛け、相手陣内へと攻め込みます。

    相手クリアがDFに裏に通りヒヤッとする場面にはしゅうごが飛び出しスライディング。完全に振り切られたシュートはほぼなく、守備はかなり安定していました。

    中盤以降は少しずつパスがつながるように。

    10分にはえいたがパスカットからキープし、あきととのワンツーで前を向き、じゅんぺいへのスルーパス、
    カットされるも、ひろきが拾いよしやへスルーパス。これは惜しくもオフサイドも、いい展開。

    相手陣内の右サイドではえいた、じゅんぺいのワンツー、えいた、よしやのワンツーも。繋がらなかったが、崩しとしては惜しいプレー。これでうまく相手の裏を取れるようになると、決定機を多く作れるようになるはず。

    ひろきの右サイドからのクロスには相手GKがもたつく間にあきとが飛び込むが、もう一歩届かず。

    後半は、左にかいり、右にあやと、トップ下にじゅんぺい、1トップをえいたに。
    ボールを繋ぐことは変わらないが、少し長めの縦パスをトップに入れ、ゴール前でどんどん仕掛けたい。

    すると4分、ひろきからの縦パスにえいた。足元に入ったボールでしたが、トラップで前を向きセンターサークル付近からドリブル開始。スピードに乗り1人かわしたところに、たまらず相手がファウル。
    ゴール正面、近過ぎず遠過ぎず。いつも練習前遊んでるくらいの距離。いつも通り蹴れれば入る。

    キッカーはひろき。力まずにふわりと上がったボールはキーパーの手をかすめゴールに吸い込まれました。
    おそらく緊張もあったと思いますが、さすがキャプテンひろき。待望の先制点。

    ここからは青葉が怒涛の攻撃。ひろきからのスルーパスにかいりが左サイドからカットインしえいたへスイッチ。
    トラップで相手をかわし左足でのシュートはポスト。
    相手クリアを落ち着いてあおとがひろき繋ぎ、右サイドからセンタリング。あやとが胸トラップからのシュート。

    ラスト5分からはそうまを投入し、追加点を狙います。そうまはよしやのパスに反応し左サイドからドリブルシュート。
    ギリギリで相手がカットするもケガを感じさせないスピードと迫力がありました。

    ここでホイッスル。1-0での勝利。最少得点でしたが、勝ち点3。
    勝たなければいけない試合ですばらしい結果。

    相手ボールを奪った後、チームが攻撃に移っている途中でボールを奪われた時には、
    守備の数が足らずにバタついてしまう場面がありました。

    攻撃の時はシュートで終わるなど、プレーを終わらせないと相手のカウンターを受け、体力も消耗してしまいます。
    ボールを奪った後は早く攻めることも大事ですが、状況によっては、一度作り直すことも必要です。

    【vs バディーSC】GKしゅうご、2バックはあおと、たくと、左じゅんぺい、右よしや、ボランチひろき、
    トップ下えいた、1トップにそうま。
    相手は強いが、自信を持ってプレーすること、蹴って逃げることはしたくない。
    自分たちより強い相手に正面から向かっていくことで、足りない部分、通用する部分を感じてほしい。
    書日ではボールを保持されてもがむしゃらに追いかけず、かわされないこと、ブロックを作り、パスをカットすることを指示。

    序盤は青葉もボールを保持し、パスをつなごうとするが相手の寄せが早く、うまく繋ぐことができない。

    徐々に押し込まれ始めると、開始2分。
    クリアが小さくなったところの相手が弾き、ルーズボールをクリアミスから失点。
    大きなFWが激しくチェイスしてきたとこで体がうまく反応出来なかったか。崩されていないだけに、悔しい失点。
    ただし攻撃の選手には大事なプレー。それを当たり前に激しくしてくるところは青葉も見習いたい。

    すると5分、プレスが遅れドリブルを仕掛けられると、かわされシュート、あおと、たくとがブロックするも、
    こぼれを拾われドリブル。またプレスが遅れかわされ、サイドを切り込まれセンタリングシュートで失点。

    プレスが遅れると焦る、焦ると飛び込む、飛び込むとかわされる。
    飛び込まずにディフェンスが出来ていた時間帯もあったが、一度プレスが遅れ始めるとなかなか止めるのは難しい。

    GKしゅうごは強烈なシュートもキャッチするなど、遠めからではほんとによいコースでない限り、セーブが出来る。
    パントキックも飛距離が伸び、カウンターで前半唯一のそうまのシュートに繋げた。

    後半は左にかいり、右にあきと、1トップをあやとに。

    5分。相手CK。青葉が感じていないところをショートコーナー。真ん中へのパスは、カットするもこぼれを拾われ、
    ミドルが左隅の届かないコースに。さすがにしゅうごもこれは届かず。
    青葉の集中がほんの少し切れた瞬間にやられたしまいました。

    4失点目は、ゴールキックをパスでつなごうとしたところをカットされ、失点。
    意思の疎通がなかった部分でこれも集中していれば防げた。
    しかし、ただ蹴っても相手に取られてしまうので、自分たちで繋ごうとしたその選択をしたことは良かったと思います。
    今回はそれが失敗になっただけで、次失敗しないようにすればいいだけ。

    結局、青葉のシュートは1本のみ。完敗の0-4。

    相手はむやみやたらには仕掛けないで、しっかり作り、相手がずれ、数的優位を作り、サイドの崩す。
    崩しはドリブルよりもワンツー。相手を食いついたところをかわし、切り込りこんでくる形。
    確かあざみ野もこんなスタイルだったかと。

    しかし、青葉も良くブロックが出来ていたと思います。
    ペナルティーエリア外からのシュートはしゅうごがある程度、防ぐことが出来るので、
    技術が上のチームにもこのブロックができれば失点は少なくすむはず。
    あとは、いかに自分たちの攻撃をするか。
    ロングパス一本ではなく、守備からボールをつないで、バディー同様ビルドアップし、崩す。
    全員が技術ではパスの精度、トラップ精度、動きではパスコースを作る、マークを外す、フォローするなど
    向上しなければならないことはたくさんありますが、強豪と呼べるチーム相手にもそのスタイルで戦いたい。

    少しでも上を目指し、頑張っていきましょう。

    スタッフ、サポーターの皆さん、応援ありがとうございました!
    引き続き、熱い応援をお願いします!!

    あとサポーターの皆さんのコメントも、なんでもいいのでお待ちしてまーす。

    3日目は2勝したいっ!!
    もしよかったらこの「拍手」ボタンをクリックしてね!
    大拍手の場合は「もっと送る」を連続クリック♪v(・_・)
    あなたの拍手で右上の「拍手ランキング」が決まります\(^_^)/

    web拍手 by FC2
    スポンサーサイト

    LL-W秋市大会 第二節 vs 六ッ川SC 0-2、vs フレンドSC 1-2 うみ 【2017年度】@保木グランド

    2017年09月18日(月祝)

    横浜国際チビッ子サッカー大会U10 2部リーグ

    台風一家も過ぎ去り、迎えた第二節。
    前日とは打って変わっての晴天。

    不安だったグランド状態も、午前中からの水抜き作業で問題なし。
    グランド準備及び設営にご協力いただいたスタッフ、ご父兄の皆さまありがとうございました。

    vs 六ッ川SC 0-2

    vs フレンドSC 1-2 うみ ※今大会LL-W初ゴール!

    青葉はパスとしっかり繋ぎ、自分たちのボール保持の時間を多くする。
    サイドの選手は前を向いたらドリブルでしかけチャンスを作る。
    ベンチは全員で仲間を励ます声を出す。

    けんしん、一対一の飛び出しタイミングは抜群だが、基本は手でボールを止めキャッチすること。
    ボールをはじいてしまったら、相手にチャンスを与えてしまうこともあります。大きな声が出せるので、
    ムラなく常に声を出してほしい。
    こうきは、ショートパスは正確に出せてます。パスを出した後、パスを受ける動きをもっと早くすること。
    せいご、後ろに下がり過ぎないこと。真ん中のポジションなので、展開することがもっと出来ると良い。その技術はある。
    アシストのパスは、相手DFの裏に出す意図がありました。これが試合中何度も出せるようになるとチャンスが増える。
    そら、ロングパスは武器になります。判断早く出せるように、事前に周りの状況を確認しておくこと。
    こうへい、得意の細かいドリブルを仕掛ける為の準備をしておくこと。相手から離れてボールを受けよう。
    あおい、運動量とフィジカルが武器なので常に動き続けよう。キャプテンとしてチームを引っ張って行ってほしい。
    うみ、スピードに乗った状態でのドリブルを増やすこと。止まったまま、戻った状態でボールをもらっては
    スピードが出るまで時間がかかる。ゴールを向いて走り、ボールをもらうことを覚えよう。
    あきお、強いキックが出来るので、もっと正確に蹴れるように頑張ろう。左足も練習してほしい。
    ゆうま、ボールのキープが出来るので、ボールを持ったら、顔を上げることを意識しよう。ドリブルだけでは
    相手はかわせないので、パスし、またもらうことでフリーになれるはず。
    たけちゃん、キープからのパスが正確にまた確実に出来てきている。相手の動きを読み、相手より早く動き
    出すように意識しよう。
    こうせい、いかにドリブルを仕掛ける状態を作るか。フリーになった状態でボールを受けるか、試合中常に考えよう。
    そうた、スピードもありガッツ、諦めないプレーが武器。運動量があるはずなので、ボールをどんどん追いかけること。
    追いかけながら、取った次のプレーが考えられるともっとよくなるはず。
    みっつー、最近はいろんはポジションをやってもらってますが、どこでもしつこくボールに食らいつくプレーはよかったです。
    ともや、フィジカルを生かし、ボールキープ、ボール奪取が多く出来るようになってきてます。運動量を増やしたい。
    かずき、こちらもフィジカル強く、当たり負けはしない。しっかりボールを蹴れるように練習しよう。

    2チームともに実力的には互角と思われる相手でしたが、この日ももう少しだがこの差がなかなか埋まらない。
    まずは全員が一試合を通して、集中を切らさないようにプレーできるようしよう。
    土日以外もボールを蹴って練習しよう。

    次からはすす小での実施予定。残り二試合で必ず勝利をお見せしますので、
    是非、応援に駆けつけてください!

    スタッフ、ご父兄の皆さん、大会運営ありがとうございました!

    なんでもいいので、コメントもお願いしますー!
    もしよかったらこの「拍手」ボタンをクリックしてね!
    大拍手の場合は「もっと送る」を連続クリック♪v(・_・)
    あなたの拍手で右上の「拍手ランキング」が決まります\(^_^)/

    web拍手 by FC2

    LL-B秋市大会 第一節 vs本郷SC 0-0、vs田奈SC-A 1-1 ひろき【2017年度】@恩田第五グランド

    2017年09月10日(日)

    横浜国際チビッ子サッカー大会U10 1部リーグ

    春の市大会予選1位のブルーは、1部リーグでの参加。
    春優勝のバディーに加え、横浜すみれ、田奈、本郷は決勝トーナメントでも
    1回戦を勝ち上がっており、強豪揃いのリーグ。

    しかし真剣勝負の中、こういったチームと戦えることはすばらしいこと。
    LLブルーも同等以上の力を持っていると信じ、気負わずチャレンジしたい。

    vs 本郷SC 0-0

    vs 田奈SC-A 1-1 ひろき

    この日のディフェンス陣はあおとを中心にかなり集中してプレー出来ていたと思います。
    あおとは広範囲をカバーし、シュートにはブロックするなどかなり効いていました。

    しゅうごは飛び出しもよく、浮いたボールの処理は抜群でした。

    たくとは1対1もしっかり粘り、対人の強さを見せました。

    ひろきは運動量が多く、攻守ともにここぞという時に顔を出しており、さすがのプレーでした。
    攻撃では自ら行く時には、もっと思い切って仕掛けても良いと思います。

    かいりは、繋ぐプレーが確実に出来ていました。
    ボールロストしないことはチームとしては重要です。

    しゅうは、サッカーを一番知っているかと。正確で落ち着いたプレーは
    強豪の4年生相手にも健在でした。

    あきとは、守備では体を張って、攻撃では諦めず強引にでも突破してと、
    気持ちの入ったプレーが良かったです。

    よしやはサイドへの展開が少ない中、スルーパスが出た時のスピードは通用していました。
    もっと自ら前に持ち出すプレーがあると、相手からはもっと脅威になるはず。

    じゅんぺいは、激しいプレスと縦への仕掛けがよかった。
    どんな相手でも怯まない気持ちの強さもありますね。

    えいたは、前を向いてプレーが開始できた時には相手の脅威になりました。
    ボールを失った次のプレー(守備)がもっと早く、強くできるともっとよいです。

    あやとは、サイド、トップと2つのポジションをやってもらいましたが、どちらもしっかりと
    対応してくれました。様々なポジションが出来ることはチームの力になります。
    守備の時間が長くなった時、前線からがんがんボールを追いかけられるようになるともっと良いです。

    そうまは、前線でのキープ、ボールを追い込むプレーを頑張ってくれました。
    強豪チームのDFはかなりフィジカルが強いが、そうまが互角に戦えるかどうかで攻撃の幅が
    大きく広がります。

    全体としては、公式戦で負けられないといった気持ちからなのか、
    簡単にボールを離してしまうことが多かったと思います。

    もちろん早く離すさなければならない時もあるが、プレッシャーが無い時にはボールを運び、
    繋げる時にはしっかり繋ぐ、出来るはずです。もう少し自信を持ってプレーしてほしい。

    またチーム(監督)としても負けないことに気を取られ過ぎないようにしたいといけないなと。
    しっかり繋ぐ、ボールを保持する。せっかく強豪と戦えるチャンス。
    これはテーマとして取り組みたい。

    また、もっと攻守の切り替えを早くし、運動量を上げたい、球際も強くいけるようにしたいなと。
    この2試合の緊張感、激しさの感覚を持って、試合を意識し練習しましょう。

    ホワイト同様、第2節は勝利出来ると信じています。
    引き続き、応援よろしくお願いします!
    もしよかったらこの「拍手」ボタンをクリックしてね!
    大拍手の場合は「もっと送る」を連続クリック♪v(・_・)
    あなたの拍手で右上の「拍手ランキング」が決まります\(^_^)/

    web拍手 by FC2

    LL-W秋市大会 第一節 vsFC YSA 0-4、vsFCコルヴォス 0-2【2017年度】@すすき野小学校

    2017年09月09日(土)

    横浜国際チビッ子サッカー大会U10 2部リーグ

    夏休みが終わったばかりですが、もう秋の市大会。
    ホワイトは春の市大会の結果から、2部リーグでの参加です。
    しかし対戦相手はBチームは1チームのみで、他はトップチームとの闘い。
    当然、相手も勝ちたい気持ちで向かってきますので、気の抜ける試合なんて1つもありません。
    4年生4人、3年生11人で決勝トーナメント進出を目指します!

    vs FC YSA 0-4

    vs FCコルヴォス 0-2

    初戦のYSA戦は緊張からか試合への入りがいまいちで、ボールへのプレスがかからず、
    ゴール前でフリーでシュートを打たせてしまい、開始5分間で3失点。

    3失点目以降は持ち直しましたが、序盤の失点を巻き返すことはできませんでした。

    守備では強く奪いにいく、シュートにブロックにいくことは基本なので、
    これを全員が連続して出来るように、この市大会中にはしたい。

    攻撃では、そうたの突破、ゆうまのバーをたたいたシュート、うみのドリブルシュートと、
    もう少しのところのチャンスはありました。
    これらが1点でも決まっていたら、試合の流れは変わってきたと思います。

    YSA、コルヴォスはこのリーグでは上位陣になると思いますが、
    力の差はごくわずかだと感じます。

    3年生が多い分、青葉がパワーでは劣ってしまいますが、
    目の前にいる相手に勝つんだという気持ち、試合への集中、ボールへの執着、
    気持ちとガッツで互角以上に戦うことができると思います。

    第2節は勝利出来ると信じています。
    引き続き、応援よろしくお願いします!
    もしよかったらこの「拍手」ボタンをクリックしてね!
    大拍手の場合は「もっと送る」を連続クリック♪v(・_・)
    あなたの拍手で右上の「拍手ランキング」が決まります\(^_^)/

    web拍手 by FC2

    U10 81杯 vs もえぎ野FC【2017年度】@すすき野小学校

    2017年08月26日(土)

    81杯 vs もえぎ野FC
    本戦 3-1 そうま、えいた、よしや
    フレンドリー
    ①7-0
    ②0-0
    ③6-0
    ④3-1
    ⑤3-0
    PK戦3-2(7人蹴ってです、)

    本戦では終始、青葉のペースで、サイドからうまくパスで崩す場面が何度か見られました。
    サイドはもっと広く使えるようになると、プレッシャーも少なくなり、もっと楽にプレー出来るはずです。
    もらう前にマークを外す動きをすることも大事だと思います。
    チャンスは多くあったので決定機をしっかり決め切ることは今後も課題ですね。
    真ん中、バックでのボールを失うことは即ピンチなので状況に応じて最善を選択出来るようになると失点が減ると思います。

    これからも頑張っていきましょう!

    スタッフ、サポーターの皆さん、ありがとうございました!
    もしよかったらこの「拍手」ボタンをクリックしてね!
    大拍手の場合は「もっと送る」を連続クリック♪v(・_・)
    あなたの拍手で右上の「拍手ランキング」が決まります\(^_^)/

    web拍手 by FC2
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    06 | 2018/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    プロフィール

    aobacoach

    Author:aobacoach
    「青葉FC★監督・コーチのつぶやき!」
    横浜市青葉区の少年サッカーチーム「青葉フットボールクラブ」監督及びコーチによるブログです。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2拍手ランキング
    みなさんの「拍手」の数がランキングになります。大きな拍手をお待ちしています!
    リンク
    RSSリンクの表示
    Yahoo! 検索